訪問マッサージZEROのブログ

2022年04月10日

パーキンソン病の方がマウスを使わず キーボードで操作する方法

パーキンソン病などの障害がある方や障がい者がマウスを使わず
キーボードで操作する方法

 

パーキンソン病の方が
「マウス操作でクリックするとき
手を上手く動かすことができず
カーソルが動いてしまって目的のものをクリックできない」
ときどうすれば解決できるのか

 

その解決方法として
2つの方法を提案します

 

一つ目は「マウス操作の代わりに
キーボード操作をすること」です

 

そのやり方は以下のようになります

①設定から「簡単操作」→「マウス」を開く

②「マウスキー機能」の「テンキーを使って画面上でマウスを移動する」をオン

③ マウスをキーボードで操作できるようになる。例えば「4」キーを押すと、マウスポインタはー左に移動する

 

クリックは5で操作

 

※もしキーボードにテンキーがないのであればAmazonとかでTEN KEY BOARDを買ってパソコンに外付けする

 

キーボードのテンキーでマウスを動かす方法
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/ascii.jp/elem/000/001/565/1565859/amp/%3Fusqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D

 

■キーボード の テンキー で数字入力 と テンキーでマウス操作 を簡単に切り替える方法
・マウスキー機能の開始
[左Alt + Shift + Num Lock]キーを押す

・マウスキー機能の終了
[左Alt + Shift + Num Lock]キーを押す

 

再度[左Alt + 左Shift + Num Lock]を押す事で戻りますがその際に
Num Lockが無効(ランプ消え)の状態になっているかが大事です

 

Num Lockが無効(ランプ消え)の状態になっていたらNum Lockを押して

Num Lockが有効(ランプつく)の状態にする

 

 

 

 

二つ目は
「キーボード上からマウス移動/クリック
を行うソフトを使う」です

 

そのやり方は以下のようになります

 

まず以下のサイトからソフト(ラットレス)
をダウンロードします

https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se508480.html

 

ただこれだけだと
クリック動作が
ctrl+ALT+U
の3つのボタンを
同時に押さなくていけないので
パーキンソン病の方だとできないことが多いです

 

よって
次に
設定→簡単操作→キーボード→固定キー機能を使用する
キーボードショートカットで一度に
一つずつ押すをオンにします

 

するとクリックするのに
ctrl、ALT、Uと一つずつ押せばよく
同時に押す必要がなくなり
パーキンソン病の方でもクリックすることができます

 

 

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE

2022年04月10日

2022年10月から高齢者の自己負担が1割から2割へ

 

2022年10月から一定の所得のある方75歳以上の方の医療費の窓口負担割合が変わります。

 

2022年10月から自己負担が1割から2割なる場合は

例えば,今まで1割負担で3546円払っていた人は、2割負担で7092円になります。

 

引き上げから3年間は家計への影響考慮し外来受診に限り負担増を最大月3000円に抑える激変緩和措置を設けます。

 

また月ごとに窓口負担が一定以上になった場合は払い戻す高額療養費制度があるため年間平均の単純に自己負担が2倍なる事はありません。

 

高額療養費制度とは支払った医療費のうち限度額を超えた分は後に還付を受けることができる制度です。

 

医療機関や訪問看護ステーションに対しての支払いについては低所得者高齢者は月8000円、一般の高齢者は月18,000円までとなるなど限度額以上の支払いは免除されます。

 

 

薬剤費も訪問マッサージも医療機関や訪問看護ステーションと合わせて、月あたりの医療費の合算のうち、限度額を超えた分は後に還付を受けることができます。

 

マッサージZERO

〒810-0044

福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665

受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら

http://on.fb.me/1SEFFvE

2022年03月23日

出血のときの対応方法

OMG151018450I9A2065_TP_V4出血の量や出かたで危険を確認することが大事です。

 
静脈性の出血の見方は
軽い切り傷によく見られ傷口からゆっくり途切れることもなく、溢れるように血が出てくるものです。

 
動脈血の出血の見方は
手首の内側、脈が打っているあたりをカミソリで切ってしまったときに見られ、血液はピュッピュッ吹き出るに出てくるもの。出血量が多く大出血の危険性があります。

 
出血しにくくする方法は
「患部をあげる」と「患部を冷やす」があります。

 
「患部をあげる」では
患部を心臓より高い位置にします。

 
「患部を冷やす」では
氷のう、タオルで氷を巻いたもので患部を冷やします。

 
出血を止める方法は

 
直接圧迫法があり
最も簡単で確実な方法です
怪我をした部分に直接ハンカチなどで当て
しっかりと押さえます。

 
救助者が傷病者の血液に触れると感染症を起こす危険性があります。ビニールやビニール手袋を着用して圧迫することが大事です。

 

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE

2022年02月13日

尿トラブルのために塩分体重も控えめに

 

PAK55_omizusosogu_TP_V4尿トラブルの原因で最も多いのが過活動膀胱。

 

膀胱に尿を十分にためられなくなる病気です。

 

この病気は生活習慣病と深い関係があると考えられています。

 

いわゆる高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満の人がなりやすくなります。

 

健康な体づくりがトラブル防止につながります。

 

食事で気をつけたいのはその内容により
尿量が変わることです。

 

特に塩分には注意です。

 

高塩分の食事をとると、喉が渇き水分を余計にとってしまいます。

 

体内の塩分濃度をうすめるためで自然と尿量が増え頻尿となります。

 

1日の適切な水分摂取量は体重1キロにつき20から30ミリリットル。

 

体重50キロの人なら最大1500ミリリットルなります。

食事で取る汁物の量も含めて考えましょう。

 

カフェイン飲料とアルコールは、
利尿作用があるので飲み過ぎに注意です。

 

また、お腹の脂肪が多いと、
膀胱を圧迫し、尿が漏れやすくなります。

 

肥満の人は減量により改善することがあります。

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE

2022年02月13日

尿トラブルを改善するために

「笑った時に、ちょい漏れ」
「おしっこの間隔が短くて映画館が不安」「夜に何度もトイレで起きる」

 

尿トラブルはシニアなら誰にでも起こる可能性があります。

 

でもそれは単なる老化現象ではありません。

 

生活習慣の見直しやトレーニングで防止、改善ができます。

 

排尿にまつわるトラブルは年を重ねるほど現れやすくなります。

 

物を持つ、笑う、咳をするなど、お腹に力が加わったとき、不意に漏れてしまうのは腹圧性尿失禁といいます。

 

突然、激しい尿意に襲われるのが尿意切迫感。

 

尿意切迫感であり、トイレに間に合わず漏れてしまうと切迫性尿失禁です。

 

排尿後にじわじわと漏れてしまう排尿後尿滴下で下着を濡らしてしまう人もいます。

 

トイレの頻度が多くなるのが頻尿。

 

頻尿回数が「朝起きて寝るまでに8回以上、夜間1回以上」と定義されています。

 

ただ、回数はもともと人によって違うので、8回以上でも、本人が困っていないなら問題ありません。

 

夜間頻尿は暗い室内の移動中に転倒したり、日中に強い眠気に襲われたりする原因になります。

 

尿失禁や頻尿は、命に関わる病気ではありません。しかし外出をためらう人に会うのが億劫になるなど生活の質の低下につながります。

 

家族であっても話しにくく、気持ちが沈んでしまうこともあります。
シニアだから仕方ないと諦める必要はありません。

 

尿トラブルは自分でできる体操や日常生活の見直しなどで改善できます。

 

対策は大きく3つです。

生活習慣の改善、トレーニング、むくみとりです。

日ごろから悩まれてている人は少しずつでもいいので、取り入れてみてください。

 

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE