訪問マッサージZEROのブログ

2016年03月06日

脳卒中と卓球

脳卒中と卓球

 

卓球の世界団体選手権で39年ぶり決勝へ男女とも進出し、6日の決勝が楽しみであります。

 

ところで、脳卒中には卓球がとても良いということがわかってきています。

 

 

大分市のアルメイダ病院によると卓球により

脳卒中患者のリハビリの効率があがり、運動機能ばかりか卓球の技術も上がったとあり、

また、意欲や集中力、注意力を中心とした大脳高次機能の改善が認められたそうで、

 

院長は

「両足でバランスを取る動きが小脳、ラケットを振る動きが前頭葉、

球の動きを目で追う動作が中脳を夫々刺激する」

と読売新聞の紙上で語っています。

 

それと、卓球は遊びながら患者自身の動きが引き出せ、手技も簡単な方法から複雑な動きまで、

いろいろな訓練段階でできボールをかいしてPTと患者相互間のコミュニケーションをとりつつ、

意欲を引き出せることで、脳卒中患者の理学療法の一つの有効な治療法と思われたとしています。

 

また、

国立療養所西別府病院の森先生によると

卓球は脳を活性化させ、全身の反応速度向上、小脳、中脳、脳幹、前頭葉の血流が増加する効果

があるそうです。

 

 

そして、

気軽で、道具の手配がしやすく、場所をとらないで、いつでもでき、

天候に左右されず、車イスでも立ってもできるメリットがあり、

さらに単調すぎなく、難易度にいろんな段階があり、

レベルアップが目にみえてわかるという面が良いそうです。

 

 

卓球というスポーツは脳の働きを維持・向上するには、とてもいいものだったのですね。

 

 

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE

2016年03月06日

アルツハイマー病ともの忘れ

 

日常生活のなかで、もの忘れはだれにでもあります。

 

ほとんどの場合、老化の一つであることが多く、特に心配する必要はありません。

 

しかし、あるタイプのもの忘れはアルツハイマー病の記憶障害の危険性があり、要注意であります。

 

アルツハイマー病のもの忘れは、
体験したことそのものを思い出せないが特徴です。

 

さらに、状況がどんどん進んでいくと、

常識的な知識や簡単な言葉の意味、自分の年や親しい人 の記憶も失われていきます。

 

そのほか、怒りやすくなる、気力がなく一日中ボーとするなど性格が変わってくる、

誤字、脱字が多くなる、計算ができなくなるなどの症状がでてきます。

 

「忘れたこと」と現実を帳尻合わせるために自分で話を作ってしまうこともあります。

 

やがて、もの忘れはだんだん激しくなり、日常生活に支障をきたすようになり、

周囲の人が気づくようになります。

 

心配のないもの忘れは
体験したことの一部を忘れてしまうものです。

 

たとえば、「朝ごはんを食べたこと」は覚えていても、

だれと、どこで、何を食べたかなど、一部の記憶が思い出せないものです。

 

そのほかは、とっさに言葉がでてこなくて言葉につまる、ものを置き忘れる、同じ物を二度買うなどです。

 

自分でも「忘れた」ことを自覚でき、何かのヒントをきっかけに思い出すときは良性である場合が多いです。

 

記憶には短期記憶と、長期記憶がありますが、良性は、長期記憶を上手く取り出せないものです。

 

アルツハイマー病では30分前のことでも忘れてしまうことがあります。

 

それと、一般的にアルツハイマー病では、もの忘れの自覚はありませんが、
ごく初期の場合には、周りから強く言われて、悩み、自ら病院に受診して、

病気が発見されるケースも多くなってきました。

 

ただし、もの忘れをひどく気にして悩まれている場合は、

アルツハイマー病ではなく、うつの可能性も少なくないです。

 

うつの場合は、からだの重だるさや食欲不足、睡眠不足などがあることが多く、

もの忘れの質もアルツハイマー病とは多くの点で違います。

 

いずれの場合も、しっかり判断するために、早く専門医を受診することが重要です。

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE

2016年03月05日

睡眠と体重の関係

睡眠と体重

 

訪問マッサージをおこなっていると、

歩行困難の方が睡眠不足と体重増に悩まれているケースによくであいます。

 

睡眠と体重の関係はどうなっているのでしょうか?

 

睡眠と肥満の関係を調べた外国の研究では、

7〜8時間睡眠を取る人の、肥満度がもっとも低いようです。

5時間睡眠の人はその50%増で、

4時間以内は73%も増えたそうです。

 

つまり、47時間の睡眠時間においては、睡眠時間が短くなればなるど、肥満になるということがわかります。

 

なぜ、寝不足になると肥満になりやすいのでしょうか?

 

起きている時間が長ければ、活動量も多く、肥満しにくいと思われがちです。

 

実は、睡眠時間が短いと

「お腹がすいたなあ」と感じるホルモンである「グレリン」と,

脳に「もうこれ以上食べるのはやめよう」と指令を出す「レプチン」のバランスが崩れます。

 

レプチンは、脂肪細胞から分泌される食品抑制ホルモンです。

 

グレリンは、胃で産生される食欲を増進する働きを持つホルモンです。

 

つまり、このふたつのホルモンがバランスが良ければ、食欲が高くなることは少なくなります。

 

ところが、睡眠時間が短いとレプチンが減り、グレリンが増加するというのです。

 

そして、グレリンが増加した影響でとカップラーメンや揚げ物など高カロリーなものを欲しくなります。

 

これではどんどん太ってしまい、困ってしまいます。

そうならないために、グレリンを必要以上に増加させないためにも、睡眠時間はしっかりとりましょう。

 

睡眠不足が続いたしても、23日ほどしっかり寝ると、ホルモンバランスは良くなるそうです。

 

「頑張っているのにやせない」と悩んでいる方は、もしかしたら睡眠時間に原因がある可能性があります。

これらのデータをもとに、自分にとってちょうど良い睡眠時間を調整してみてはいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE

2016年03月04日

ストレスと胃腸の働き

在宅で療養中の方は
思ったとおり動けないことや人間関係などによるストレスはなくなることはないですが、

それを上手に受けとめていかないと、心身ともに疲労がたまってしまいます。

ストレスでとくに影響を受けるのが、胃腸の機能です。

私たちの体はストレスが加わると
脳からの命令により、さまざまな反応があります。

例えると、自律神経の交感神経を活動的にして血圧を上げたり、心拍数を増やしたりします。

からだを動きやすい状態にスイッチをいれるためです。

ストレスに対して対抗するためにホルモンの分泌もあります。

これは体の正常な反応ですが、それにより、からだに多大な労力をかけることにつながります。

交感神経が活動的に働くと、胃酸が非常に多く分泌され、そのことが原因で胃の粘膜が損傷され、

胃が痛みがおこったり、ひどい場合は胃潰瘍になってしまいます。

胃腸の蠕動運動に悪影響をおよぼし、下痢や便秘につながります。

こんなときは
活発化しすぎている交感神経をしずめるために、しっかり休息をとるか、

マッサージなどでリラックスするかして、胃腸にストレスをかけない食事に気をつけましょう。

 

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE

2016年03月01日

アルツハイマー病の初期サイン

日常生活のちょっとした異変が気になることはありませんか。

アルツハイマー病の初期の症状は、頑固、自己中心的、軽度の人間変化、不安、抑うつ、
睡眠障害、幻覚妄想です。

仕事の失敗が多くなったり、ごく当たり前の家事が滞りがちになったり、今までできていたことができなくなったら、
アルツハイマー病のサインかもしれません。

アルツハイマー病は
脳の細胞が変質する病気です。

1905年、ドイツの病理学者アルツハイマーが進行性の記憶障害をともなった痴呆患者を報告したことがアルツハイマー病の由来です。

アルツハイマー病はゆっくりと進みます。

 

しかし、ゆるやかに見える場合でも時間とともに着実に進行することが特徴です。

アルツハイマー病により
これまで身につけていた知的な能力がおとろえていき、日常生活をおくることが難しくなっていきます。

例えば、当然わかっているはずの常識的な知識を忘れたり、簡単な計算ができなくなるのものその一つです。

また、ものごとを理解、計画、実行する能力が下がっていきます。

仕事や家事などの段取りが上手に出来なくなることがあります。

このように日常生活の中でさまざまな兆候があらわれます。

 

 

例えば、

単純なはずの書類をまとめるのに苦労することが多くなった。

決まったとおりの順番どおりに作業ができなくなってきた。

何度も同じものを買うことが増えてきた。

買い物するとき、小銭に出さずにお札でおつりをもらうことが多くなってきた。

同じもの食事することが続くことが増えてきた。

などです。

 

もしかしたら、と気になるようになったら、早めに専門医に相談するのをお勧めします。

本人には秘密にせず、ごまかさず、
受診することを説明したほうがよいでしょう。

 

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE