ブログ

2022年02月13日

尿トラブルのために塩分体重も控えめに

 

PAK55_omizusosogu_TP_V4尿トラブルの原因で最も多いのが過活動膀胱。

 

膀胱に尿を十分にためられなくなる病気です。

 

この病気は生活習慣病と深い関係があると考えられています。

 

いわゆる高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満の人がなりやすくなります。

 

健康な体づくりがトラブル防止につながります。

 

食事で気をつけたいのはその内容により
尿量が変わることです。

 

特に塩分には注意です。

 

高塩分の食事をとると、喉が渇き水分を余計にとってしまいます。

 

体内の塩分濃度をうすめるためで自然と尿量が増え頻尿となります。

 

1日の適切な水分摂取量は体重1キロにつき20から30ミリリットル。

 

体重50キロの人なら最大1500ミリリットルなります。

食事で取る汁物の量も含めて考えましょう。

 

カフェイン飲料とアルコールは、
利尿作用があるので飲み過ぎに注意です。

 

また、お腹の脂肪が多いと、
膀胱を圧迫し、尿が漏れやすくなります。

 

肥満の人は減量により改善することがあります。

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE

2022年02月13日

尿トラブルを改善するために

「笑った時に、ちょい漏れ」
「おしっこの間隔が短くて映画館が不安」「夜に何度もトイレで起きる」

 

尿トラブルはシニアなら誰にでも起こる可能性があります。

 

でもそれは単なる老化現象ではありません。

 

生活習慣の見直しやトレーニングで防止、改善ができます。

 

排尿にまつわるトラブルは年を重ねるほど現れやすくなります。

 

物を持つ、笑う、咳をするなど、お腹に力が加わったとき、不意に漏れてしまうのは腹圧性尿失禁といいます。

 

突然、激しい尿意に襲われるのが尿意切迫感。

 

尿意切迫感であり、トイレに間に合わず漏れてしまうと切迫性尿失禁です。

 

排尿後にじわじわと漏れてしまう排尿後尿滴下で下着を濡らしてしまう人もいます。

 

トイレの頻度が多くなるのが頻尿。

 

頻尿回数が「朝起きて寝るまでに8回以上、夜間1回以上」と定義されています。

 

ただ、回数はもともと人によって違うので、8回以上でも、本人が困っていないなら問題ありません。

 

夜間頻尿は暗い室内の移動中に転倒したり、日中に強い眠気に襲われたりする原因になります。

 

尿失禁や頻尿は、命に関わる病気ではありません。しかし外出をためらう人に会うのが億劫になるなど生活の質の低下につながります。

 

家族であっても話しにくく、気持ちが沈んでしまうこともあります。
シニアだから仕方ないと諦める必要はありません。

 

尿トラブルは自分でできる体操や日常生活の見直しなどで改善できます。

 

対策は大きく3つです。

生活習慣の改善、トレーニング、むくみとりです。

日ごろから悩まれてている人は少しずつでもいいので、取り入れてみてください。

 

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE

2022年02月13日

尿トラブルを改善するために

petIMGL5668_TP_V4

「笑った時に、ちょい漏れ」
「おしっこの間隔が短くて映画館が不安」

「夜に何度もトイレで起きる」

尿トラブルはシニアなら誰にでも起こる可能性があります。

 

でもそれは単なる老化現象ではありません。

 

生活習慣の見直しやトレーニングで防止、改善ができます。

 

排尿にまつわるトラブルは年を重ねるほど現れやすくなります。

 

物を持つ、笑う、咳をするなど、お腹に力が加わったとき、不意に漏れてしまうのは腹圧性尿失禁といいます。

 

突然、激しい尿意に襲われるのが尿意切迫感。

 

尿意切迫感であり、トイレに間に合わず漏れてしまうと切迫性尿失禁です。

 

排尿後にじわじわと漏れてしまう排尿後尿滴下で下着を濡らしてしまう人もいます。

 

トイレの頻度が多くなるのが頻尿。

 

頻尿回数が「朝起きて寝るまでに8回以上、夜間1回以上」と定義されています。

 

ただ、回数はもともと人によって違うので、8回以上でも、本人が困っていないなら問題ありません。

 

夜間頻尿は暗い室内の移動中に転倒したり、日中に強い眠気に襲われたりする原因になります。

 

尿失禁や頻尿は、命に関わる病気ではありません。しかし外出をためらう人に会うのが億劫になるなど生活の質の低下につながります。

 

家族であっても話しにくく、気持ちが沈んでしまうこともあります。
シニアだから仕方ないと諦める必要はありません。

 

尿トラブルは自分でできる体操や日常生活の見直しなどで改善できます。

 

対策は大きく3つです。

 

生活習慣の改善、トレーニング、むくみとりです。

 

日ごろから悩まれてている人は少しずつでもいいので、取り入れてみてください。

 

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE

2022年02月06日

福岡市でPCR検査を無料で受けるところはこちらです。

なんと福岡市でPCR検査を無料で受けることができます。

 

福岡市でPCR検査を無料で受けるところはこちらです。

 

日本総合検査センター

唾液PCR検査無料
スワブ方式PCR検査6000円
https://nihonsogokensacenter.jp/

 

 

 

マッサージZERO

〒810-0044

福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665

受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら

http://on.fb.me/1SEFFvE

2022年02月06日

SEO対策のための共起語ツール

21830a0I9A97521937_TP_V4


共起語はGoogleの検索順位を高める要因の1つです。

 

共起語とは自分が指定したワードに対して「関連性がより強くそれぞれのコンテンツに出現頻度の高い言葉」のことを指します。

 

Googleがコンテンツの品質を判断する際の評価軸に関連しているとみられ、適切な共起語を活用することで、コンテンツを検索上位に引き上げることができます。

 

そのため、効果的なコンテンツを生み出すためには、共起語をうまく活用することが必要なのです。

 

共起語の例
「美容室 ヘッドスパ」だと
ケア 施術 料金

 

「居酒屋 魚 」だと
日本酒 個室 コース

 

「整体院 腰痛 」だと
改善 通院回数 保険

 

Googleはキーワードに対する専門知識は
持ち合わせてはいません。

 

そこで
SEO対策を行うコンテンツに、主軸キーワードの周囲に共起語を含ませることで、

Googleはそのコンテンツを「エンドユーザー様の検索条件に合う専門性の高いコンテンツ」と認識しますので

共起語ご活用ください。

 

共起語ツールのご案内

https://related-keywords.com/

 

 

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE