ブログ

2023年02月12日

パーキンソン病,パーキンソン症候群への訪問マッサージ

パーキンソン病は、運動ニューロンの異常により運動障害を引き起こす疾患で、運動機会の減少は、筋力の低下や歩行困難を引き起こす原因の一つです。この科学的メカニズムについて説明します。
 
パーキンソン病は、ドーパミンという神経伝達物質を生成するニューロンが減少することにより、運動ニューロンの機能が低下します。
 
ドーパミンは、運動ニューロンを活発にするために必要な物質であり、その減少により、筋肉の運動が低下します。
 
また、運動機会の減少により、筋肉の活動量が減ることにより、筋肉量が減少します。筋肉は、運動や体力動作をするために必要なエネルギーを提供します。しかし、運動機会が減少すると、筋肉に必要なエネルギーが減り、筋肉量が減少します。
 
その結果、筋力が低下し、日常生活動作が低くなり、歩行困難になります。
 
パーキンソン病の患者さんにとっては、歩行障害や平衡障害が最も重要な問題の一つであり、運動療法や物理療法は、筋力の強化や歩行能力の向上につながります。
 
病気の進行を抑え、日常生活を自立して過ごせるようになります。
 
また、運動療法は、症状の軽減にも役立ちます。
 
当院の訪問マッサージは、パーキンソン病患者において、立ち上がり、歩行動作の改善に有効なことが実績となっており患者さんに大変喜ばれできました。
 
この患者さんにも、立ち上がりや立位保持などの日常生活動作の改善や歩行動作の改善を目的に施術を行っています。
 
筋力の強化や筋肉のバランスの調整、筋肉の緊張の解消などを行うことで、患者さんの歩行能力を向上させ、日常生活を自立して過ごせるようになることを目指しています。
 
また、症状の軽減にも寄与し、生活の質の向上に貢献することが期待できます。

 

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE

2023年02月07日

地域包括ケアシステムで訪問マッサージができること

youDSC_0044_TP_V4

「令和6年から開始の地域包括ケアシステム」の目的は、地域の皆様が健やかに暮らせるよう、地域に根ざした包括的な健康・介護・福祉サービスの提供を目的としています。
 
これにより、個人・家族・地域の皆様のニーズに合わせたサービスを提供することができ、より質の高い生活を送ることができるようになります。
 
「令和6年から開始の地域包括ケアシステム」により、訪問マッサージ業界は、地域のニーズに合わせた健康・介護・福祉サービスを提供することができます。
 
これにより、地域の皆様が健康な生活を送るための支援を行うことができます。
 
また、地域包括ケアシステムで提供されるサービスと連携して、より質の高いサービスを提供することも可能です。
 
訪問マッサージ業界が地域包括ケアシステムで提供されるサービスと連携するには、
以下の手順などが考えられます。
 
地域包括ケアシステムの認識を深める:
地域包括ケアシステムの目的、構造、サービス内容などについて理解すること。
 
関係構築:
地域包括ケアシステムを運営する団体や関係者と連携するためのネットワークを構築すること。
 
サービス内容の確認:
地域包括ケアシステムで提供されるサービス内容を確認し、訪問マッサージ業界がどのような形でサポートできるかを検討すること。
地域によって提供されるケアシステムのサービス内容を確認することは、どのような支援が利用可能なのかを把握することになります。
また、訪問マッサージ業界がこれらのサービスとどのように協力し、サポートできるかを調べることは、地域のニーズに合わせたサービス提供の改善や業界の拡大などに役立つことが期待されます。
 
協力プログラムの開発:
地域包括ケアシステムと連携するためのサービスやプログラムの開発を行うこと。
これらの手順を踏むことで、訪問マッサージ業界は地域包括ケアシステムで提供されるサービスと連携することができます。

 

 
訪問マッサージ業界が地域包括ケアシステムを運営する団体や関係者と連携するためのネットワークを構築するには、以下のような方法が考えられます。
 
コミュニケーションを図る:
地域包括ケアシステムを運営する団体や関係者とコミュニケーションをとることで、関係構築を図る。
 
共通の課題に取り組む:
地域包括ケアシステムを運営する団体や関係者と共通の課題に取り組んで、協力することで関係構築を図る。
 
イベントやセミナーなどで交流する:
地域包括ケアシステムを運営する団体や関係者との交流を促進するために、イベントやセミナーなどを開催する。
 
信頼関係の構築:
地域包括ケアシステムを運営する団体や関係者との信頼関係を構築することで、連携を強化する。
 
 
以下が訪問マッサージ業界が地域包括ケアシステムと連携するための具体的な方法です
 
関係構築:
地域包括ケアシステムとの信頼関係を構築することが大切です。
共通の認識:地域包括ケアシステムとの認識を共有することで、連携が促進されます。
 
情報共有:
地域包括ケアシステムとのパターン情報共有を通じて、患者の状況を向上させます。
 
コミュニケーションの促進:
訪問マッサージ業界と地域包括ケアシステム間のコミュニケーションを促進することが重要です。
 
共同のマーケティング:
地域包括ケアシステムとのマーケティングを共同で行うことで、共通のターゲットに向けてアピールすることができます。
 
訓練と教育:
訪問マッサージ業界のスタッフに対して、地域包括ケアシステムとの連携に関連する訓練と教育を行うことが大切です。
 
共同のスタンダード:
地域包括ケアシステムとのサービス品質を共通のスタンダードで確認することが重要です。
 
方法の改善:
地域包括ケアシステムとのサービスに対して、改善することで連携を改善することができます。
 
共通のイベント:
地域包括ケアシステムと共通のイベントを開催することで、連携を促進することができます。
 
共通のプロジェクト:
地域包括ケアシステムと共通のプロジェクトを開始することで、連携を深めることができます。
このようなプロジェクトは、患者の治療や照護、健康管理などの改善に向けて実施することができます。
 
訪問マッサージ業界が地域包括ケアシステムを運営する団体や関係者との交流を促進するためのイベントやセミナーなどの具体的な案は以下になります。
 
信頼性の高い経営者向けのセミナー:
地域包括ケアシステムの経営者に向けて、訪問マッサージ業界がどのように連携することができるかについてのセミナーを開催することができます。
 
患者に焦点を当てたセミナー:
地域包括ケアシステムの一部となる患者や家族に向けたセミナーを開催することで、訪問マッサージ業界が提供するサービスについての認知を深めることができます。
 
ネットワーキングイベント:
関係者同士が交流することができる、業界内の人脈を広げることができるネットワーキングイベントを開催することができます。
 
訪問マッサージと地域包括ケアシステムの連携に関する研究発表会:
訪問マッサージと地域包括ケアシステムの連携に関する最新の研究や情報を発表することで、新しいアイデアを共有することができます。
 
公的な場でのパネルディスカッション:
訪問マッサージ業界と地域包括ケアシステムが公的な場でのパネルディスカッションを開催することで、両者の関係を深めることができます。
 
患者の支援グループとの交流会:
地域包括ケアシステムでサポートされている患者の支援グループとの交流会を開催することで、患者の要件に対する訪問マッサージ業界のサポートについて理解することができます。
 
施術者向けのトレーニングセミナー:
地域包括ケアシステムと連携するために、訪問マッサージ業界の施術者に向けたトレーニングセミナーを開催することができます。
 
医師や介護士とのミーティング:
地域包括ケアシステムで働く医師や介護士とのミーティングを開催することで、訪問マッサージ業界が提供するサービスと連携することができます。
 
地域のイベントに参加すること:
地域のイベントや展示会などに参加することで、訪問マッサージ業界が地域包括ケアシステムと連携することを広く知らせることができます。
 
プロモーションマテリアル(情報周知)を作成すること:地域包括ケアシステムと連携することを広く知らせるために、訪問マッサージ業界用のプロモーションマテリアルを作成することができます。
 
地域包括ケアシステムでサポートされている患者の支援グループとの交流会を開催することで、患者の要件に対する訪問マッサージ業界のサポートについて理解する具体的な方法は以下になります。
 
患者のグループミーティング:
地域包括ケアシステムでサポートされている患者の支援グループとの交流会を開催することで、患者のニーズに対する訪問マッサージ業界のサポートについて理解することができます。
 
患者との1対1のインタビュー:
患者との1対1のインタビューを行うことで、訪問マッサージ業界が提供するサービスの有用性や必要性について直接意見を聞くことができます。
 
患者とのフィードバックセッション:
患者とのフィードバックセッションを開催することで、訪問マッサージ業界が提供するサービスの評判や改善点などについて聞くことができます。
 
患者のグループワーク:
患者の支援グループでのグループワークを行うことで、訪問マッサージ業界が提供するサービスに対する患者の意見や要件について理解することができます。
 
患者の調査:
患者からの調査を行うことで、訪問マッサージ業界が提供するサービスの有用性や必要性について理解することができます。
 
患者とのアンケート:
患者に対するアンケートを行うことで、訪問マッサージ業界が提供するサービスの評判や改善点などについて聞くことができます。
 
患者とのホームビジット:
患者の家に訪問し、患者の要件や生活状況について直接見て
患者の支援グループとの説明会を開催することで、訪問マッサージサービスについて理解を深めることができます。
 
患者の支援グループの代表との一対一ミーティングを行い、直接的なコミュニケーションを取ることで、より確かな情報を入手することができます。
 
患者のグループのサポート体制についての調査を行い、それに応じて訪問マッサージサービスを適切に調整することができます。
 
患者の支援グループとのコラボレーションイベントを開催することで、一緒に問題解決に取り組むことができます。
 
地域包括ケアシステムと連携することを広く知らせるために、訪問マッサージ業界用のプロモーションマテリアルを作成する内容は以下になります。
 
地域包括ケアシステムとの連携の説明
訪問マッサージサービスの特徴
地域包括ケアシステムのメリット
訪問マッサージと地域包括ケアシステムの連携の例
専門的なマッサージ技術
コミュニケーションの向上
患者満足度の向上
日常生活の質の向上
療養環境の改善
医療費の削減の説明
 
地域のイベントや展示会などに参加することで、訪問マッサージ業界が地域包括ケアシステムと連携することを広く知らせることができます。具体的には以下になります。
 
①地域の保健展示会
例えば健康展示会
医療・介護展示会
ウェルネス・セルフケア展示会
②社協や地域のイベント

例えば地域のセンターやコミュニティーイベント
社協や地域の文化祭
地域の住民会やボランティアイベント

③地域のセミナーやワークショップ
④地域の老人ホームなどのオープンハウス
⑤健康・医療に関連するイベント
⑥セルフケアやウェルネスに関連するイベント
⑦介護サービス関連のイベント
⑧地域の文化イベントやフェスティバル
⑨地域の健康志向者向けのイベント
 
訪問マッサージのお知らせは、地域包括ケアシステムとの連携のメリットを強調すべきです。
これには、患者のアウトカムの改善、患者ケアの効率の向上、マッサージセラピストと医療提供者の間のコミュニケーションの強化、患者のサービスの統合などが含まれます。
これらのメリットを宣伝することで、訪問マッサージ業界と地域包括ケアシステムとのパートナーシップの重要性を高めることができます。
 
訪問マッサージのお知らせは、訪問マッサージサービスの特徴を明確に示すことが重要です。このためには以下のような内容を含めることが有効です:
 
目的:
訪問マッサージサービスが患者の自宅での治療をサポートすることを強調する。
専門性:
訪問マッサージサービスを提供する専門家の資格や経験を紹介する。
特徴:
訪問マッサージサービスが患者にとって有益な特徴(例えば、コンビニエンス、自宅でのリラックス、介護者の負担軽減など)を強調する。
効果:
訪問マッサージサービスが患者にもたらすメリット(例えば、疼痛緩和、モビリティの向上、ストレス軽減など)を明示する。

 

訪問マッサージのお知らせは、訪問マッサージ業界と地域包括ケアシステムの連携の例を示すことが重要です。このためには以下のような内容を含めることが有効です
 
具体的な事例:
地域包括ケアシステムと訪問マッサージサービスが連携し、患者にとって有益な結果を生み出した具体的な事例を紹介する。

ベネフィット:
地域包括ケアシステムと訪問マッサージサービスの連携によって患者にもたらされるメリット(例えば、効率的な治療、快適な治療環境、介護者の負担軽減など)を明示する。

連携の仕方:
地域包括ケアシステムと訪問マッサージサービスが連携する方法(例えば、共同の調整、情報の共有、協力的な治療計画の策定など)を示す。

 

訪問マッサージのお知らせは、訪問マッサージ業界の専門的なマッサージ技術を紹介すべきです。
このためには以下のような内容を含めることが有効です
 
技術の紹介:
訪問マッサージ業界が使用するマッサージ技術(例えば、リフレクソロジー、スウェディッシュマッサージ、トリガーポイント療法など)を紹介する。

技術の説明:
各技術の概要、目的、施術方法などを明確に説明する。

技術のメリット:
各技術が患者にもたらすメリット(例えば、疼痛緩和、筋肉のリラックス、血流の改善など)を示す。

 

訪問マッサージのお知らせは、訪問マッサージ業界と地域包括ケアシステムの関係者とのコミュニケーションの向上を紹介すべきです。このためには以下のような内容を含めることが有効です:
 
コミュニケーションの説明:
地域包括ケアシステムと訪問マッサージ業界の間でのコミュニケーションの説明をする。

コミュニケーションの方法:
地域包括ケアシステムと訪問マッサージ業界の間でのコミュニケーションの方法(例えば、会議、電話、メールなど)を紹介する。

コミュニケーションのメリット:
地域包括ケアシステムと訪問マッサージ業界の間でのコミュニケーションのメリット(例えば、効率的な情報共有、患者のケアの一貫性の確保など)を示す。
 
コミュニケーションとは、2つ以上の人間が互いの意見や思想などを伝え合うことを指します。
この説明を訪問マッサージ業界用のプロモーションマテリアルで紹介するためには、訪問マッサージサービスを利用する患者と訪問マッサージのスタッフとの間の意思疎通の良さを強調することが大切です。
例えば、患者が抱える痛みや不快な状況などについての説明がスムーズに行われ、訪問マッサージのスタッフが正確に理解してマッサージを行うことができるなど、より良いマッサージサービスの提供に寄与する効果を強調すべきです。
 
訪問マッサージのお知らせを作成する際には、以下のような内容が含まれると良いでしょう。
 
地域包括ケアシステムとの連携によるメリット:
地域包括ケアシステムとの連携が患者満足度の向上につながることを紹介します。
 
訪問マッサージサービスの特徴:
訪問マッサージサービスのユニークな特長を強調し、患者にとってのメリットを紹介します。
 
患者満足度の向上の事例:
過去に地域包括ケアシステムとの連携を利用した患者満足度の向上の事例を紹介します。
 
訪問マッサージサービスへのアクセス方法:
患者が訪問マッサージサービスにアクセスするための手順を説明します。
 
療養環境改善、日常生活の質の向上の事例:
過去に地域包括ケアシステムとの連携を利用した療養環境改善、日常生活の質の向上の事例を紹介します。
 
 
地域包括ケアシステムと連携した訪問マッサージ業界の訪問マッサージのお知らせには、日常生活向上と療養環境の改善を示す具体的な事例を紹介すべきです。
例えば、訪問マッサージを受けた患者さんのストレス軽減や疼痛の改善、睡眠の質の向上などの改善によって、日常生活の質が向上したというエピソードを紹介するとよいでしょう。
また、訪問マッサージと地域包括ケアシステムの連携により、患者さんが家庭でも療養環境を整えやすくなったといった事例も紹介するとよいでしょう。
これにより、訪問マッサージが地域包括ケアシステムと連携することで、より質の高い療養環境を提供することができるというメッセージを伝えることができます。
 
訪問マッサージのお知らせを作成するとき医療費の削減についての説明は以下の内容です。

医療費削減の効果に関する統計データや事例を紹介すること。
地域包括ケアシステムと連携していることにより、一般的な病院やクリニックでの治療よりも、低コストで効果的なマッサージ治療が可能なことをアピールすること。
訪問マッサージ治療が日常生活に馴染み、痛みや不快感の改善に貢献することを紹介すること。
医療費削減に向けての取り組みと、今後の展望について説明すること。
 
地域包括ケアシステムは、地域コミュニティーのニーズに応じて、医療・介護・福祉などのサービスを一元的に提供するシステムです。
一方、訪問マッサージ業界は、患者さんの自宅や施設などでマッサージなどの治療を行うサービスを提供しています。
 
この二つのシステムの協力は、患者さんの日常生活の向上や療養環境の改善、医療費の削減などの社会的なメリットがあります。
訪問マッサージを利用することで、患者さんは介護施設などに入所せずに治療を受けることができ、また、地域包括ケアシステムとの連携により、患者さんのニーズに合った包括的なサービスの提供が可能になります。
 
今後もこのような協力関係を構築していくことが大切であり、試行錯誤を重ねながら、より良いシステムの構築に向けて取り組んでいくことが重要だと考えています。

 

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE

2023年02月06日

痛風の痛みはなぜ親指に多いのでしょうか?

YAMA_DSC2380_TP_V4
痛風の痛みはなぜ親指に多いのでしょうか?

 

痛風によって親指が痛くなる原因は、親指には非常に敏感な神経が集中していることが考えられます。

 

また、親指は痛風によって直接影響を受けやすい部位であるため、痛みを感じやすくなっている可能性もあります。

 

さらに、親指は手の中で最も運動性が高い部位であるため、使用によって疲れや負担がかかりやすくなり、痛みを引き起こしやすいと考えられています。

 

また、なぜ豆腐を食べすぎると痛風になるのでしょうか?

 

豆腐は高い含有量の purine (プリン) を含んでいます。この purine は身体内で purine 酸という化合物に変換され、この酸は尿酸として体外に排出されます。

 

しかし、尿酸の含有量が多すぎる場合、普通の処理能力を超えて沈殿し、結晶として肉眼で見えるような痛風の結石を形成することがあります。

 

そのため、豆腐を過剰に摂取することで痛風を引き起こす可能性があります。

 

また、他の食品でも purine 含有量が高いもの (たとえば牛肉、鶏肉、魚、シーフード) を過剰に摂取すると同様に、痛風になる可能性があります。

 

豆腐は、豆腐作りの過程で植物性のタンパク質である蛋白質が凝固してプリン体が形成されます。これは、豆腐のテクスチャーや味を作る主な成分です。

 

他にプリン体が多い食品としては、ジャム、ヨーグルト、冷凍おにぎり、アイスクリームなどがあります。

 

 

 

マッサージZERO

〒810-0044

福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665

受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら

http://on.fb.me/1SEFFvE

2023年02月03日

転倒後の痛みには訪問マッサージ

kaigoIMGL8098_TP_V4

転倒後の痛みは急性的なものであり、この痛みを取り除くことが最優先事項となります。
 
リハビリテーションを行う前に痛みをとることで、患者さんがリハビリテーションに集中することができるようになります。

 
また、痛みを伴ったままリハビリテーションを行うことは困難な場合があり、患者さんにとってストレスを引き起こすこともあります。
 
そのため、まずは痛みをとることが大事であると言えます。
 
痛みを伴う状態でのマッサージは、筋肉を緊張させている痛みの源を和らげ、血流を促進することにより炎症を減らすことができます。
 
これにより、リハビリーがより効率的になり、より早い回復が期待できます。
 
痛みは身体に警告を発する信号であり、運動を通じて痛みを加速させる可能性があると身体が判断する場合、自然な反応として運動量を減らすことがあります。

 

これは、痛みを回避するための身体の自然な応答であり、痛みを減らすために休むことが有効であることを示すものです。
 
痛みのため運動量が減ると、下肢の筋肉は使用されなくなります。
 
このため、筋肉は弱くなり、血流が減り、代謝が低下します。このため、液の滞留が増加し、下肢のむくみが増えます。
 
痛みが長期間続くと、運動量が長期間減ります。
 
このため、筋肉は使用されず弱くなります。
 
それで、筋肉を使用しないことにより、血流も低下し、代謝も低下します。このため、筋肉の機能が低下し、日常生活動作や立ち上がり、立位、歩行、トイレ動作、お風呂動作などが困難になる原因となります。
 
また、筋肉の代謝低下が原因となって、肌質の悪化や皮膚の乾燥なども生じることがあります。
 
よって転倒後に痛みがある場合は訪問マッサージは痛みを取り除くことを優先することが多いです。

 

訪問マッサージで筋肉の緊張や繊維の圧迫を解消し、痛みを軽減させます。これにより、運動量が増加することが期待されます。

 

筋肉を使用することにより、血流が促進され、代謝も向上します。

 

これにより、筋肉の代謝周期も促進され、筋力が回復します。

 

これらの結果が、日常生活動作の向上に良い影響をもたらすことが期待されます。

 

さらに、訪問マッサージにより、ストレスや不安感も軽減され、心身ともにリフレッシュされることが期待されます。

 

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE

2023年02月03日

筋萎縮性側索硬化症には訪問マッサージ

現在、筋萎縮性側索硬化症の根本的な治療法はありません。

 

代わりに、病気の進行を遅らせることができる内服薬や点滴薬を使用することがあります。

 

筋萎縮性側索硬化症が起こると、身体が正常に動かなくなり、不安を感じることがあります。

 

このような場合、睡眠薬や抗不安薬が処方されることがあります。

 
筋肉や関節の痛みがある場合は、訪問マッサージ、リハビリテーションが行われることがあります。

 

また、生活の質を維持するために、新しいコミュニケーション方法の習得や、飲み込みやすい食事を作ることが大切です。

 

家族の協力も重要です。

もし嚥下障害が進行した場合、胃に管を通して栄養を与えたり、鼻から栄養を補充することもあります。

 
呼吸問題が進んでいくと、人工呼吸装置を使うことが必要になる場合があります。

 

人工呼吸装置には鼻から呼吸するもの(鼻マスクを使った非侵襲性陽圧換気)と気管を切開して呼吸するもの(気管切開下陽圧換気)があります。

 

気管切開下陽圧換気は呼吸効率は良いですが、痛みや負担が大きい(侵襲的)ということがあります。

取り外すことも困難な場合があります。

 
筋萎縮性側索硬化症患者には、マッサージを行うことで以下のメリットがあります。

 

血流改善:マッサージを行うことで血流が改善し、筋肉や関節に栄養を適切に届けます。
疼痛緩和:マッサージを行うことで疼痛や不快感が緩和されます。
筋肉の弛緩:マッサージを行うことで筋肉が弛緩し、柔軟性と移動性が向上します。
ストレス軽減:マッサージを行うことで、心身ともにリラックスすることができます。
動きやすくなる:マッサージを行うことで、筋肉が弛緩した結果、より動きやすくなります。
以上のメリットから、マッサージは筋萎縮性側索硬化症患者にとって有益な治療法となります。

 

 

マッサージZERO

〒810-0044
福岡県福岡市中央区六本松2-5-7高橋ビル303

電話番号:0120-921-665
受付時間:平日9:00〜20:00

当サービスのFacebookはこちら
http://on.fb.me/1SEFFvE